新上五島町
長崎県 五島列島 新上五島町 公式サイト
「生活支援コーディネーター」「協議体」について勉強会を開催しました。
とても熱のこもった勉強会になりました。
 町では高齢者の方がいつまでも元気で暮らせるよう健康寿命を延伸し、また医療や介護が必要な状態になっても可能な限り地域において生活できるよう「地域包括ケアシステム」の構築を推進しています。その中で、高齢者が地域で生きがいを持ちながら生活を継続していくためには、医療や介護のみならず、多様な介護予防や生活支援サービスが必要となります。
 そこで、町では町内を旧町単位の5地区に分けて、介護予防活動や日常生活支援の取り組みを行う「生活支援コーディネーター」を社会福祉協議会に委託し、今年4月に配置しました。加えて、町民の参加による幅広い支え合いの地域づくりを推進していくため、地域を支えるさまざまな方々に集まっていただいて「協議体」の設置に向けて取り組んでいます。
 9月26日(月)、社会福祉協議会の集会室を会場に、生活支援コーディネーターをはじめ、協議体に入っていただく予定の多くの皆さんに集まっていただき、午後6時30分から2時間に渡って勉強会を開催しました。勉強会では、「生活支援コーディネーター、協議体メンバーは何をするのか」と題して、公益財団法人さわやか財団の鶴山芳子理事が講演を行いました。質疑応答では、「行政は、住民が最後まで安心して暮らせる町にする覚悟はあるのか」といった辛辣な意見も出され、とても熱のこもった勉強会となりました。
 次回は、11月1日(火)午後6時30分から社会福祉協議会集会室で開催されます。
関連タグ:
担当窓口:
新上五島町の景観
観光ガイド
P R
便利リンク
みっかリンク
町の人口