新上五島町ホーム
長崎県 五島列島 新上五島町 公式サイト
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者の発生について
五島市在住の方に、マダニ類が媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の発症が確認されました。
SFTSは主に病原体を持つマダニ等から咬まれることで感染・発症します。
暖かくなり、マダニやツツガムシ等の活動が活発になってきています。
SFTSや日本紅斑熱、ツツガムシ病等への感染を防ぐため、野や山に入る際は肌の露出を避ける等、ダニ等に咬まれない対策に努めてください。

ダニに咬まれないために
ダニに咬まれないことが重要です。特にダニの活動が盛んな春から秋は注意しましょう。ダニに咬まれても痛みや痒みがあまりないため、気づかないことが多いようです。屋外活動後の着替え時などに、ダニが吸着していないか確認してください。
雑木林・草むら・畑等に入る場合は、長袖・ズボン、足を覆う靴、帽子、手袋、首にタオルを巻くなどして、肌の露出を避ける。
防虫スプレーを使用する。
屋外活動後は家に入る前に外で服をはたく。
屋外活動後は入浴し、ダニに咬まれていないか(特に、首、耳、腋の下、足の付け根、手首、膝の裏など)確認する。

マダニからうつる感染症
マダニからうつる感染症の主なものとして、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)があります。主な症状は以下のとおりです。
発熱
消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)
重症化し死亡することもあります。
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)には現在有効なワクチンはありません。

ダニに咬まれたら
ダニに咬まれた場合は無理に引き離さず、医療機関への受診をお勧めします。
ダニ類の多くは、ヒトや動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間(数日~長い場合は10日間以上)吸血します。
無理に引き離すとダニの一部が皮膚内に残って化膿したり、ダニの体液を逆流させる恐れがあります。
また、咬まれた後は数週間程度体調の変化に注意してください。
発熱等の症状が現れた場合は医療機関を受診し、ダニ類に咬まれたことを告げ、診察を受けて下さい。


関連タグ:
担当窓口:
前のページへ |  次のページへ
[ 49件目/全1447件]
新上五島町の景観
P R
便利リンク
みっかリンク
町の人口