新上五島町
長崎県 五島列島 新上五島町 公式サイト
2014年 02/24(月)
第8回新上五島町民ソフトバレーボール大会
2月23日、有川総合体育館において、『第8回新上五島町民ソフトバレーボール大会』が開催され、4クラスに33チーム(182名)が参加し、熱戦が繰り広げられました。 各クラスの優勝チームは下記のとおりです。 ブロンズクラス優勝 シフォン ...
詳細はこちら
2013年 10/28(月)
第9回新上五島町民スポーツ祭り及び第9回町内こども相撲大会
第9回新上五島町民スポーツ祭り及び第9回町内こども相撲大会
10月20日(日)、有川総合体育館・運動公園を会場に「第9回新上五島町民スポーツ祭り及び第9回町内こども相撲大会」が開催されました。 生涯スポーツ普及事業の一環として、誰でも手軽にできるニュースポーツ(グランドゴルフ・ティーボール・ソフトバレーボール)競技、相撲を通して心身ともに健全な児童を育成するとを目的として、大人から子供まで126名の方が参加されニュースポーツや相撲を楽しみました。 国体PRとしてがんばくん・らんばちゃんも応援にかけつけました。...
詳細はこちら
2013年 10/02(水)
平成25年度中総体駅伝競走大会結果について
平成25年度中総体駅伝競走大会結果について
平成25年10月1日(火)、青方ダムにて「平成25年度新上五島町中学校総合体育大会駅伝競走大会」が行われました。 今大会には、町内6中学校から男子11チーム、女子10チームが参加し、多くの声援を背に日頃鍛えた健脚を競いました。 【大会結果】 ○男子の部(6区間) 優 勝 上五島中Aチーム ○女子の部(5区間) 優 勝 有川中Aチーム...
詳細はこちら
2013年 09/18(水)
「長崎の教会群」ユネスコへの推薦見送り
政府は、このほど、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」を今年度の世界文化遺産候補としてユネスコへ推薦することを決定しました。 2015年(平成27年)の世界遺産登録を目指して取り組んできました「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、推薦見送りと残念な結果となりました。 「長崎の教会群」は、8月23日に開催された文部科学省の文化審議会及び同世界文化遺産特別委員会で審議され、キリスト教の伝来と繁栄、弾圧と潜伏、奇跡の復活にいたる世界に類を見ない歴史を示す価...
詳細はこちら
2013年 02/05(火)
「島の文化的景観を語ろう会」を開催しました
2月2日(土)、3日(日)に「島の文化的景観を語ろう会」をそれぞれ立串生活館・赤尾コミュニティーセンターで開催し、どちらも会場いっぱいの参加者(両会場とも約80名)にご来場いただきました。昨年、国の重要文化的景観に選定された「北魚目の文化的景観」と「崎浦の五島石集落景観」について、地元住民並びに町民により深く理解してもらうことと、文化的景観を今後どのように地域づくりに活用していくか語り合うことを目的として実施しました。 当日は、文化庁記念物課の鈴木地平技官から「魅力ある風景を未来へ」という...
詳細はこちら
2012年 11/27(火)
『しまの写真展 ~上五島の四季~』が開催されます
『しまの写真展 ~上五島の四季~』が開催されます
商工会青年部の皆さんが、下記のとおり写真展を開催いたします。   共催である上五島フォトクラブの皆さんが、それぞれの個性と感性で切り取った 風景、スナップ写真など40作品を展示します。   入場無料になっていますので、お誘い合わせの上、ご来場下さい。   ● 日  時 12月2日(日)午前10時~午後3時             ● 場  所 石油備蓄記念会館 お問い合わせ先 新上五島町商工会青年部 TEL 0959-...
詳細はこちら
2010年 05/17(月)
県議会議員、世界遺産構成資産候補等を視察
県議会議員、世界遺産構成資産候補等を視察
5月12日(水)~13日(木)にかけて長崎県議会世界遺産登録推進等特別委員会委員と関係職員一行が、県内調査の一環として五島市の構成資産候補を視察した後、引き続き新上五島町の構成資産候補等を視察しました。 一行は、構成資産候補である青砂ヶ浦天主堂や頭ヶ島天主堂、火災から約3年振りに復元された江袋教会などを訪れ、町職員や信徒代表者などの説明に耳を傾けていました。 委員からは、「世界遺産登録を目指すうえでの町と教会との協力体制」や「世界遺産登録に向けての信者の意識」に関...
詳細はこちら
2010年 02/16(火)
文化的景観シンポジウム
文化的景観シンポジウム
2月11日、鯨賓館ホールにおいて、『上五島の文化的景観』について建築や民俗、歴史調査など様々な分野の調査をお願いしている先生方を講師に招き「上五島の文化的景観シンポジウム」を開催しました。 会場には、日頃耳にする機会のない専門家から見た「上五島」についての貴重な意見を聞こうと約160人の町民が集まりました。 教会建築を担当している川上先生(近畿大学)は、「日本の教会建築の歴史を見ることができる地域である」。 民俗調査担当の加藤先生(ウエス...
詳細はこちら
2009年 11/30(月)
椿の島を目指して
椿の島を目指して
11月28日、上五島海洋青少年の家において、五島市で椿の第1人者として活動している岩永章さんを招き、椿の愛好者ら約20人が参加した座談会(上五島やぶ椿会主催)が開催されました。 今回は、町内で見つかった珍しい椿を紹介し、岩永さんが手掛けて来た新種の紹介の仕方や命名の仕方などが説明され、今後は共に情報を交換し合い五島を椿の島としてPRして行きましょうと呼びかけました。...
詳細はこちら
2009年 10/22(木)
イベント情報(青少年の家)
イベント情報 2009 秋冬 青少年の家では、様々なイベントを企画しています。お気軽にご参加ください。 ① 11月14日(土) 9:30~13:00 さわやかウォーキング(約7キロ) ② 12月5日(土) 9:00~12:30 ふれあい餅つきのつどい ③ 12月23日(水)祝日 9:0...
詳細はこちら
2009年 08/21(金)
景観条例(案)に対するパブリックコメントの実施について
新上五島町は、雄大な自然景観を持つ島々に、人々の生活や地域の文化などが溶け込んだ情緒ある美しい景観が特徴です。 このような、自然、歴史、文化等と調和した良好な景観の形成の促進を図り、もって魅力的なまちづくりを推進するため、この度、景観の形成に関し必要な事項を定めた「新上五島町景観条例(案)」を作成しました。 この条例(案)について、「新上五島町パブリックコメント実施要綱」に基づき住民の皆様に公表し、意見等をお伺いしたいと考えております。 ...
詳細はこちら
2008年 08/06(水)
町内の教会が切手シートに
町内の教会が切手シートに
町内の教会が切手シートに 世界遺産登録へむけて! 本町では、世界遺産登録へむけたPR活動の一環として、写真等を提供し、郵便局へお願いしていましたオリジナルフレーム切手シート(80円切手10枚入り・1シート1,200円)が、8月1日(観光の日)より、町内12郵便局(簡易郵便局、切手発売所を除く)限定で一斉発売さ...
詳細はこちら
2008年 04/28(月)
世界遺産登録へ向け~県議会等視察~
世界遺産登録へ向け~県議会等視察~
県議会世界遺産登録推進特別委員会や県の知事公室長など総勢20名が、4月23~24日にかけて本町を訪れ、キリシタン洞窟や「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産候補である頭ヶ島天主堂、青砂ヶ浦天主堂などを視察し、町の世界遺産推進室や地元の信者などから歴史的背景や教会堂の説明を受けました。 また、役場会議室では、世界遺産登録へ向けての本町の取り組み状況や意見交換会も行いました。 井上町長は、「私共も世界遺産登録へ向け各関係機関と連携して全力で取り組みたい。」と力...
詳細はこちら
2008年 04/16(水)
西海の教会群に鉄川与助の足跡をたどる
西海の教会群に鉄川与助の足跡をたどる
建築士 渡邉さん講演会 「西海の教会群に鉄川与助の足跡をたどる」 4月12日、鯨賓館において、千葉県在住の建築士 渡邉義孝さんによる「西海の教会群に鉄川与助の足跡をたどる」と題した講演会(上五島歴史と文化の会・新上五島町共催)が開催されました。 渡邉さんは、新上五島に残る鉄川与助さん等が西洋様式と日本古来の技法を上手く組み合わせ手掛けた教会群に建築学的魅力を感じ、以前より何度も来島し、趣味の水彩画で描き続けております。 今回は...
詳細はこちら
2008年 03/27(木)
世界遺産の有識者一同来町
世界遺産の有識者一同来町
3月21日、世界遺産を登録するユネスコの総会決議に基づき、文化財保存や修復技術の水準向上を担う国際専門機関「イクロム」(国際文化財保存修復研究センター)のムニール所長・アブドゥルラスール イラン国立文化財研究所長・世界文化遺産学専攻長の筑波大学大学院 日高教授ら世界遺産登録に関係する有識者一同が、新上五島町の状況をはじめ、頭ヶ島天主堂などを視察しました。 一行は、担当者から、迫害の歴史や教会建築の説明を受け、天主堂内部に入り「このように離れた島で、西洋と日本の技術が見事に融合されて残ってい...
詳細はこちら
前のページへ | 12345678910次のページへ
[ 9頁/全10頁] [ 121から135 番目/全136件]
新上五島町の景観
観光ガイド
P R
便利リンク
みっかリンク
町の人口