新上五島町公式サイト
長崎県 五島列島 新上五島町 公式サイト

観光・文化・スポーツ

災害時のペットの避難について

〇避難所でのペット受け入れについて
 避難所には、さまざまな人が避難してきます。避難者の中には動物の苦手な人や動物アレルギーの人もいます。
 このため新上五島町では、原則として「同行避難」を推奨しています。「同行避難」とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットと一緒に避難所まで安全に避難することで、避難所において飼い主とペットが同一の空間で居住できることなどの「同伴避難」を指すものではありません。
 町内全ての避難所が、「同行避難」受け入れ可能の避難所とは限りません。
 事前に飼い主ご自身で確認しましょう。
 
〇災害規模での対応(例:2020年9月台風10号)
 2020年9月台風10号では避難者の増加が見込まれたので、ペットを受け入れ可能(同伴避難可)とする開設避難所は、1か所(荒川体育館)としました。
 このように、災害の規模によっては、ペット受け入れ可能とする避難所を、指定し、開設する場合がありますので、必ず、避難所開設情報をご確認ください。
 
〇避難にあたっての飼い主の配慮
(1)飼い主がケージ等を用意する。
(2)餌や水などを用意しており、餌やりや糞尿の始末は飼い主自身が行う。
(3)基本的なしつけ(無駄吠えしない、飼い主の指示に従うなど)ができている。
(4)犬については、狂犬病予防注射を接種している。(予防接種を受けていない場合、伝染病が蔓延する可能性があるため、避難所では受入れできない。)
 環境省作成の下記パンフレットでは、災害時に実際に起こったペットに関する問題や避難先における実際の問題について具体例を列記し、飼い主が行うべき重要な点について説明してあります。
 飼い主の方は、ぜひ一度ご確認ください。
 
〇預けるという選択肢も検討しましょう
 避難所では多くの避難者がいたり、十分な水や食料の確保が難しい場合があります。このために、人だけでなく、ペットにとっても避難所は決して快適なところではなく、ストレスとなります。
 このため、もしもの時にペットを預かってくれるかどうか、知人や親せきなど信頼できる方に相談してみましょう。
 添付資料:
ペットを飼っている皆さまへー災害時のペットとの同行避難についてー[0.33MB]災害、あなたとペットは大丈夫?人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>[7.41MB]ペットを守ろう!防災対策 備えよう!いつもいっしょにいたいから2[2.50MB]
 カテゴリ:
tagi00001x3
 担当窓口:
このカテゴリの前の投稿へ |  このカテゴリの次の投稿へ ≫
[ 1件目/全62件]
 新上五島町について
 P R
 便利リンク
 みっかリンク